双極性障害を克服しよう!

薬物療法とは

男性医師

「うつ」と「そう」がみられる症状

双極性障害は治療を正しく行うことにより、改善することができます。双極性障害の主な治療法は薬物療法と、精神療法があります。薬物療法では、気分安定薬という薬を中心に治療を行っていきます。気分安定剤は、躁鬱の気分の波を小さくしていくことにより、状態を安定させていきます。再発予防や改善の治療行うに辺り使用されることが多い薬です。また、妄想等の症状が現れてきた場合には、抗精神病薬を利用していきます。抗精神病薬は、躁のイライラをしずめて、穏やかな気持ちにさせる作用があります。睡眠にも効果的で、興奮して眠れない等の症状を助けることもできます。

病人を優しく見守るのがよい関わり

抗うつ薬は、双極性障害の場合はあまり効果がありません。また、躁転させることもあるので基本的にあまり使用することがありません。しかし、うつの症状が重症である場合に、気分安定薬と抗うつ薬を併用していくことがあります。また、うつの症状や、躁の症状に眠れないということがあります。すぐに目が覚めてしまう、寝付きが悪い等その人の症状に併せて睡眠薬を併用していくこともあります。睡眠薬は、急にやめると眠れなくなることもあるので、薬をやめていくときには徐々に量を減らしていくことが大切です。双極性障害は、再発の可能性がとても高い病気なので、症状が改善してもしばらくは薬の服用が必要となります。よくなってきたからといって、自分の判断で薬の量を減らすことや、断薬することは症状の悪化につながります。医師と相談の上、薬を減らしていくことが大切です。

うつ病という病気の症状に、「うつ」と「そう」の症状があるのを、ご存知でしょうか。うつ病の患者さんは、暗いイメージがあります。しかし時として、軽快なから元気のような気分症状を見せます。むずかしい専門用語なのですが、双極性障害という病名がつけられます。字でみて双方の極に、感情が揺れる様子が分かるでしょう。うつ症状の暗さばかりで、ないことが誤解となることがあります。わざと明るく振るまおうとする、のではなく病気の症状に双極性障害があるのです。そこから季節として、年数回の感情の転機があるようです。双極性障害の治療は、お薬での治療ができます。ただしこのような、精神状態をふくめた、感情理解がないと病気が分からず仕まいになるのです。

他者がいかに病気への、関わりを心配しても、双極性障害の治療へは専門家を頼りましょう。家族や親などは、双極性障害の全快を心より祈るでしょう。しかし双極性障害は、専門家でもその心の理解がむずかしいのです。早くなおしてほしいと、願うあまりに関わりが本人の負担になることもあります。季節性のものでもあり、1年間に数回は症状の転向があります。ゆっくりと様子をみることも、大切になりますので、早合点で病人を責め立てるのは辞めます。何よりも良い関わりは、優しく接することなのです。本人の気持ちを傾聴したり、病状を想いやることを忘れないでください。病人自身が病気との、葛藤の時期に向かうこともあります。現代の医学では、お薬治療が評価される進歩となります。いつでも思いやりのある、優しい気持ちでいましょう。