双極性障害を克服しよう!

原因や発症時の症状

看護師

双極性障害の症状について。

双極性障害の原因として、遺伝的要素が絡んでいることは有名です。しかし、遺伝的要素だけで発症することはほとんどなく、環境的要素や病前性格が複雑に関わってきていると考えられています。環境的要素とは、周囲から受ける慢性的なストレスを受けて発症するものです。また、病前性格として社交的でユーモアがあり、現実志向の人が双極性障害を患いやすいと言われています。他にも生活リズムの乱れや、過度のストレスを受けることにより発症すると言われています。

治療の方法について。

双極性障害の始まったきっかけとして、うつから始まるという人が多いです。うつ病の症状を発症し、数回繰り返したことにより、突然躁の症状が現れるというようなことがあります。うつの発症が急性で、急にうつ状態が現れた人や、うつの症状が重症であること、うつ状態で幻覚や妄想等が伴っているという人が、後に躁状態になりやすいと言われています。うつ病の治療を行っていたが、途中で双極性障害と診断されて治療を行うことも少なくありません。

双極性障害は、自殺率の高い疾患としても知られています。躁状態の際に、常識では考えられないような行動を取ってしまうため、多くのトラブルや損失を出してしまうことがあります。躁状態からうつ状態に移行した場合、躁状態の自分の行動を思い返し、自己嫌悪から自分を傷つける行動を起こしてしまうことがあります。抗うつ薬は、双極性障害の人には効きにくく、突然躁転を起こす可能性もあります。周囲の人や、本人がどのような症状があるかということを認識することにより、対処を行うことができます。症状が出た場合の治療や、症状が出ないように正しく治療を行うことにより安定した社会生活を送ることができます。早めの受診が大切です。

私は現在双極性障害を患い心療内科の病院に通院しています。この双極性障害の症状についてお話します。双極性障害とは昔で言いますと躁鬱病のことを言い、気分が高ぶったり気分が落ち込んだりする症状を来り返す病気のことを言います。私の場合でも基本気分が落ち込んでいる時の方が長いのですが、時々気分が高ぶって行動的になることがあります。このため気分が高ぶっている時は良いのですが、気分が落ち込んだ時の反動はとても恐ろしいものがあります。もう何もしたくなくなり一機に喪失感に陥ります。この反動はこの双極性障害になった人でないとわからない症状であります。私はこのように現在双極性障害の症状の治療のため、心療内科の病院で治療を受けています。

私が現在この心療内科の病院で受けています治療方法は、薬による治療がメインとなっています。精神安定剤や抗鬱剤から睡眠導入剤まで朝昼晩の薬が病院から処方されています。やはり薬を服用することで精神的には安定しますが、逆に薬による副作用もあります。例えばのどが渇いているわけではないのですが、口が渇いてしまうことです。これが一番の副作用で、水分を取ったりガムを噛んだりして口の渇きを取るしか方法はありません。またその他の副作用では手の震えがあります。特に緊張しているわけではないのですが、自然と手が震えてしまうことがあります。これはどうしようもありませんので、手の震えが収まるのを待つしかありません。以上のように副作用もありますが薬で治療を行っています。